楽天銀行おまとめローンの審査は甘い?厳しい?

おまとめローンの審査でつまづいている人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査があり平均レベルに達していれば審査落ちする可能性は低いです。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者は好まれませんのでいわゆるブラックリストに載っている人は審査落ちは確実です。

おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるのでバラバラな返済日を一括管理することができます。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

おまとめローンに申し込むと審査を受けることになりますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

月々の返済総額を下げたいという人は返済期間が長くなるので利息が多くなりますから、現在よりも損をすることになります。

毎月の返済額が下がると借金が減ったと勘違いする人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。

おまとめローンというものは多重債務の方が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというローンはこれまで借りていた金利よりも低金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンを返済していくというローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなく借り換えローンというサービス名でおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得とは言い切れないのです。

両者の決定的な違いを挙げると消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資はできないのですが銀行の場合はフリーローンが多いので、一般的なカードローンと同様に限度枠内であれば追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが借入件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社までなら安心ですが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借りている金融業者名と残高の確認です。

1社でも完済できれば借入件数は減らすことができますから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済能力があると判断されて与信通過の可能性がでてきます。

おまとめローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

おまとめローンを提供している金融機関では自社のホームページで返済シミュレーションを行えるコーナーを設置しています。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローン後の毎月の返済額や返済増額が瞬時に表示されますから簡単に比較することができます。

消費者金融と比べて銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

おまとめローンは複数の借入れを1本化することによって月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかし、利息や返済金額を抑えることができても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んでも元本は減らないので毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。

返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

消費者金融大手のアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますがおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることで新規借り入れ分を含めた借入総額が年収の1/3を超えても融資が認められるというものです。

借換え専用ローンは融資上限が300万円と通常よりも低めですが一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借換え専用ローンの借入金については限定されており銀行カードローンに使う事はできません。

消費者金融大手のプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや返済だけしかできないカードローンだということです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが即日審査、最短即日融資は銀行のおまとめローンではなかなか真似ができません。

銀行のおまとめローンよりも最大限度額が低めではありますがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

銀行で、おまとめローンという商品を取り扱っているところは少なく借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがフリーローンで対応することができます。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが専業主婦の方は申し込むことができません。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。

参考:楽天銀行おまとめローンの評判と評価はどうなってる?

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

しかし、おまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

おまとめローンという商品を扱っている金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。

消費者金融よりも銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むということも考えなければいけないかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に利用できないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入れを1本化するためのものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外なのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠ならば対象ですがショッピング枠でローンを組んだ場合、利用することはできません。

何件もの金融業者から借り入れがあると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

多重債務をする人は借入可能額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが有利になります。

反面、多重債務者は多くの金融機関で敬遠されがちですので全ての借入れを完済する金額の融資を受けるのにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなのでまず、審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンを組む際に最も簡単な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、わざわざ出かけて行かなくても申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということでweb完結なら必要書類を撮影しネットで送信すれば完了です。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

おまとめローンというものは複数の借入れを1本化することで毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組めたとしても元本は変わりませんので月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンというものは返済型という対応になりますので追加融資をしてもらえないのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンを申し込んだけど審査に落ちたという人は通らない原因をつきとめることが先決です。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査がありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが年収の三分の一を超える借入総額は審査に通らないと思ってください。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり契約社員はアルバイトと同じレベルで評価される場合もあります。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなので返済の延滞歴がある人は審査通過は困難です。

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因がわからなければ、次のおまとめローン審査を受けても通らない可能性があります。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスで常識的な範囲に収まっていれば返済可能と判断されるようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなり個人事業主やフリーター、入社1年未満だと厳しい評価になってしまいます。

個人信用情報は借り入れや返済状況を照会して審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。

住宅ローンを借り入れる際にカードローンを利用していると不利になるという話を聞きますが返済負担率さえ問題が無ければ、カードローンを利用していても不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

複数から借り入れている多重債務者の場合はおまとめローンを利用し、借入先を1本化することが先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますが取引実績がある金融機関で問題なく返済していれば融資を受けていてもプラス評価になります。

更に住宅ローンの利用者には優遇金利が適用になったりもしますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローンを組んでみるのもありかもしれません。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので毎月の返済額を減らしたり引き落とし日を1日にできるメリットがあります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を数値で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

どちらの金融業者からおまとめローンを借りるとしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうので返済総額はおまとめローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。

おまとめローンとは複数の金融業者から借金をしている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンの利用申し込み者は多重債務者なので審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

おまとめローンという商品を提供している金融機関もありますのでそのような商品を探した方が賢明です。